製造工場

製造工場紹介

  • 製造工場紹介
  • 製造工場紹介
  • 製造工場紹介
  • 製造工場紹介

製造の流れ

製造の流れ
  • 原石の仕入れ

    原石の仕入れ

    徳山石(山口県周南市黒髪島)、佐賀天山石(佐賀県)、四国大島石(愛媛県)、滝根石(福島県川内村檜山)から仕入れます。それぞれ、水を吸いにくい石や乾きやすい石、乾きにくい石などの特徴があります。お客様のご要望に応じて厳選し対応します。

  • 切削

    切削

    仕入れた原石の状態を把握し適切な機械を使用し、徐々に小さな石の部品へと切って行きます。

  • 加工

    加工

    石の形を整えて行き、丸形や楕円形、蓮型に加工して行きます。
    ここでは全て手作業で行い、形を整えながら研磨をしていきます。
    加工作業は、長年の経験と知識が必要になる作業です。

  • 研磨

    研磨

    本磨き、水磨き等の磨き仕上は自動研磨機と手動研磨機で行われ、仕上の艶(ツヤ)に応じて目の粗さが違う砥石を使用し、段階的に表面の凸凹を均一にしていきます。 砥石を使い、8段階で研磨を行います。初めは粗い砥石を使い、徐々に細かいものにし、艶(ツヤ)を出していきます。

  • 文字彫と家紋入れ

    文字彫と家紋入れ

    加工した石材に、文字と家紋を彫って行きます。
    家紋や墓誌は、機械を使用し文字を彫って行きますが、仏石や特殊な石は全て手作業で彫って行きます。

  • 完成・納品

    完成・納品

    文字と家紋を彫ったら完成です。
    完成後は再度、石材に割れや欠けが無いか確認して納品を致します。

お問い合わせ
お近くの展示場を探す