商品紹介

墓石

墓石はどうやって作られているのか?

基本的な三重墓

基本的な三重墓

①の仏石には正面に「~家の墓」、「南無阿弥陀佛」などの文字を彫りこみます。後や側面には建てた年月日や名前を彫ります。

②の上台に仏石をのせます。仏石に「南無阿弥陀佛」などの文字を入れた場合は、ここの正面へ「~家」と入れます。

③の中台は上から見るとカタカナの「コ」の形に見えます。通称「コの字」ともいい、正面は⑥の水溜で蓋をしておくのですが、納骨するときはここから入れます。

④四つ石は前後の長い石で左右の短い石を挟みます。この石の中央へ③から入れた骨壷がおけるようになっています。

⑤花立はその名の通り、花を立てるところです。形は地方や業者、お客様の好みでさまざまな形があります。中央へ穴をあけて、そこへステンレス製かプラスチックの筒を入れて花を立てます。

⑥の水溜は納骨口である③の蓋の役割をしています。通常はここの上部へ水を溜めるところを彫ります。※浄土真宗は彫りません。

⑦香炉は線香を立てるときに使います。写真は角香炉ですが、このほかにもお供え物を置く台が付いたものや、風雨を防ぐ扉や屋根が付いたものもあります。

舞台墓について

舞台墓について

基本は①の舞台へ三重墓の四つ石を除いた部分をのせた墓のことを言います。この場合、納骨は②のところから行います。蓋は、観音開きにすることも出来ますし、後ろや左右につけることも出来ます。 舞台の形はさまざまなものがあり、ご希望のデザインで製作いたします。舞台は玉垣という装飾品で飾りつけることも出来るので、「立派な墓」、「大きな墓」がいいという方にお勧めです。

ちなみに、①の舞台は当社は二枚石といって前後で分けることが多いですが、一枚石をご希望の方は御相談ください。

洋墓(オリジナルデザイン墓)

最近は形にこだわることなく、思い通りのデザインで作ることが出来ます。舞台に乗せたり、周りを飾り付けたり、仏石には自分の好きな言葉や歌の歌詞などを彫りこむ方が多いです。
この他にも、花台や座布団が付いた墓、蓮華の花のように見える台「上蓮華・上下蓮華」に乗せた墓もあります。また、お墓の装飾品として、香炉、墓誌、灯篭なども取り揃えております。
さらには、敷地にも装飾品で飾りをつけることも出来ます。様々なデザインをご用意してお待ちしております。写真に限ったことはございませんのでご希望に沿ったものを作成します。

  • 洋墓(オリジナルデザイン墓)
  • 洋墓(オリジナルデザイン墓)
  • 洋墓(オリジナルデザイン墓)
  • 洋墓(オリジナルデザイン墓)

取扱石種

ここでは当社で扱っている石の紹介をしています。お墓を立てるときの参考にされてはいかがでしょうか?
外国産の石が増えている昨今ですが、そんな中でも当社は「国産石」に力を入れています。

徳山石(山口県周南市黒髪島)

徳山石(山口県周南市黒髪島)

いわずと知れた、我らが山口県を代表する御影石です。周南市は徳山港の沖あい約12㎞のところに浮かぶ黒髪島が産地です。石質は、硬く風化に強く、間が粗い特徴を持っています。島での採掘は明治11年以降のことで、その石質の良さや埋蔵量の豊富さなどから、墓石以外にもあの国会議事堂の建設にも使われています。

ランク ⇒ 一般的な一級石
特級石もあるが現在では採掘量が激減し、入手が困難

佐賀天山石(佐賀県)

佐賀天山石(佐賀県)

九州は佐賀県、 標高1046メートルの天山は県立自然公園の中にあります。 採掘場はその北部にある七山村で行われています。日本の銘石のひとつで、石質は青みがかかっており、徳山石や大島石に比べると、その違いがわかります。また、表面には「あずき」とよばれる小さな赤い斑点があるのもこの石の特徴です。

ランク ⇒ 一級石・特級石

四国大島石(愛媛県)

四国大島石(愛媛県)

今治市から来島海峡大橋を渡った大島は、国内でも知名度の高い花崗岩の産地です。青味を帯びた白みかげで、石質は細粒で硬く、つや持ちが良くて変色しないという特徴をもっています。ほとんどが墓石などの「石塔」に使用されていますが、造園などにも用いられています。現地でも加工品として、石製品(美術工芸品など)があります。

ランク ⇒ 普通石・一等石・特級石

滝根石(福島県)

滝根石(福島県)

石質は硬く、低吸水率で艶持ちが良いと評判の石です。うわさでは3m以上もの加工した石を高い所からうっかり落としてしまったらしいのですが、まったくの無傷だったという話もあります。丈夫な石をというのなら間違いは無いかもしれません。

ランク ⇒ 一級石・特級石

お問い合わせ
お近くの展示場を探す